野外グルメの定番であるバーベキューですが、その言葉のルーツはカリブ海の島々で使われていた「バルバコア」という単語だという説があります。

「バルバコア」は「木で組んだやぐら」という意味を持っており、現地の人はやぐらを使って食材を焼いていたのです。


16世紀にカリブ海に入植したスペイン人がその様子を見て「バルバコア」を調理法と勘違いし、スペイン語に取り入れたと言われています。

その後欧米などに浸透していく内に、いつの間にか「バーベキュー」という言葉に変わっていったとされています。



アメリカは本場と言われほどバーベキューが盛んな国であり、日本のそれとはかなり意味合いが異なります。

アメリカでは大きな肉を衛生的に食べるために、じっくりと中まで火を通す調理法が一般的です。その大きな肉や料理をシェアし会話と共に楽しむのがアメリカ流であり、焼きながら食べる日本とは違って、調理を全て終えてから食べ始めるのが普通です。

アメリカではバーベキューはパーティー料理という意味合いが強いようで、ホストが心のこもった肉料理でゲストをもてなすという意味も含まれています。

アメリカでは誇りとプライドを持って、ゲストに料理を提供するのが当たり前なのです。
一方で日本では欧米の文化が浸透するのと同時に、バーベキューが普及していったのが始まりとされています。

大井ふ頭中央海浜公園のバーベキューのことならお任せください。

アメリカのような強いこだわりを持たなくても、誰でも気軽に楽しめるのが日本スタイルの良い所です。

NAVERまとめ関連のノウハウを解説します。